デートDVの実態

12歳から21歳で交際中の3組のうち、

1組にデートDVが起きていると言われています。

そして、高校生と大学生の4人に1人が、デートDVを経験しています。

 

あなたはパートナーとの間に、こんなことはありませんか?

 

・電話に出なかったり、メールにすぐ返信しないと怒られた。

・着信・発信履歴を勝手に見られた。

・1日に何度も行動を報告するよう命じられた。

・専用の携帯電話を持たされていた

・携帯電話を壊された。

・GPS機能を使って居場所を確認された。

 

このような携帯電話に絡む被害が増大しています。

これらは全てデートDVと言えます。

 

また恋人との間で、

・機嫌が急に悪くなったり、優しくなったりして、相手にいつも気を使わされる。

・行動を制限される。

・言葉で嫌な思いをさせられる。

・友達との用事を無理に断らされた。

・貸したお金を返してもらえない。

・友達や家族に連絡をとることを嫌がられる。

 

などの強制行為もデートDVとなります。

デート中のDVは一度おきるとまた起きやすいものです。

そして、だんだんとエスカレートしたり、長引いたりすることが多い傾向にあります。

 

しかし、「もしかして、これってデートDV?」と感じている人の中には、

DVを受ける側にも悪いところがあると感じている人もいます。

 

嫉妬が暴力をふるう最も大きな理由にあげられ、4分の1の被害者が、

相手のDVは自分への愛情を表す手段として使われたと考えています。

 

被害を受けていても、そもそもDVと思っていない人もいるのです。

DVについて学んだり、自分の人権感覚、自由感覚を高め、被害を自覚する必要があると思います。

 

デートDVの背景には、嫉妬という感情が存在している場合が非常に多いです。

 

嫉妬事態は否定すべき感情ではありませんが、嫉妬から始まるDV、

例えば、自分以外の友人とのおしゃべりや付き合いを邪魔したり、

いつでも携帯電話がないと怒り出したり、殴ったり、性行為を強要したりなど、

「好きだから」、という理由で何でも許されると思い込んだ男性の行為に対して、

愛情からくる嫉妬感情として受け入れ、拒否ができない若者特有の愛情と嫉妬の違いがつかず、

それがデートDVの背景になっているのです。


彼に振られるのが恐い。
つくさないと嫌われる。
殴られても耐えるしかない。

でも本当は、尽くしている自分が嫌い。

恋愛に臆病になっていて、誰にも相談できず、悩んでいるなら、
あなたの役に立てるかもしれません。

デートDVや恋愛恐怖症を克服するには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL