デートDVと恋愛幻想

デートDVが、DVの一つの形であることに間違いはありません。

 

しかし、当事者たちは、そのことになかなか気がつきません。

男性が暴力をふるっているということを、

どう客観的に女性が感じられるかがポイントなのです。

 

デートDVの一番の特徴は、恋愛幻想にはまってしまうことです。

 

何かおかしなことをされても、「愛されている」、と感じてしまい、深みにはまっていってしまうのです。

 

ひとりはさびしい、支えて欲しい、結婚したい、恋愛したい、守ってほしい。

 

いったん関係をつくったら、2人の境界線はなくなり、他の人を好きになってはダメで、

継続するのがよいことで、そこには、優しく誠実であらねばならないという約束・契約があり、

関係を大事にしないと、裏切り・冷たい・いいかげんと非難される暗黙のルールがあります。

 

恋愛すれば、相手に合わせプレゼントしたりデートしたりすべき。

2人の間に秘密はダメで、嫉妬しても当然。

その恋愛の最終形態が結婚。

結婚に至った愛は成功した恋愛であり、素晴らしいもの。

 

 

このような恋愛観が本当に正しい恋愛だとすれば、

デートDVはほとんど不可避であると言っても過言ではありません。

このような恋愛観では、別れないためには束縛してもいい、嫉妬してもいいということになってしまいます。

 

デートDVに遭いながら、できちゃった結婚へ至るケースは多くあります。

それは、「できたのに結婚してくれたのだから、遊びじゃなかったんだ。」と思うからなのです。

しかし、暴力をふるう男性はとにかくすぐに結婚したがるという傾向もあるのです。

 

恋愛中は、デートでのセックス強要は女性のほうも受け入れやすいでしょう。

それはデートのときだけのことで、毎日強要されるわけではないからです。

 

相手が嫉妬することも理解できるのは、お互いに離れている時間が長いからです。

 

ところが、結婚して一緒に暮らし始めると状況は変わります。

加害者になるような男性は、女性の居場所と時間を独占できて安心し、

露骨に暴力支配を始めるようになります。


彼に振られるのが恐い。
つくさないと嫌われる。
殴られても耐えるしかない。

でも本当は、尽くしている自分が嫌い。

恋愛に臆病になっていて、誰にも相談できず、悩んでいるなら、
あなたの役に立てるかもしれません。

デートDVや恋愛恐怖症を克服するには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL