子供への影響

例えば、父親が暴力をふるうDVのある家庭において、

父親はいつ何が原因で怒り出すかわからない、

怖くて逆らえない権力者です。

 

子供から見て、母親は傷つきかわいそうな状態です。

子供が身近な大人に一緒に喜んで欲しいとき、

不安で手を差し伸べてほしいと感じるときにDVのある過程では誰にも頼れません。

 

子供は不安定な感情を抱いたり、

様々な悪影響が生じる場合があります。

このような環境では、子供は健全な人間関係を学ぶことができません。

たとえ子供に対して直接の暴力がなかったとしても、

暴力の目撃は虐待です。

そして、人を尊重することを学べず、逆に人を傷つけることが

許されている環境は子供にとって、虐待されるに等しいことです。

 

子供を回復させるには

母親が回復することが第一です。

まずはお母さんが元気になりましょう。

 

安心感を増やす

毎日同じことが繰り返される環境は、安心感をもたらします。

これは大人も子供も同じことです。

毎日いつ何が原因で親が爆発するかわからない環境では安心感は得られません。

 

愛情表現をする

小さい子供は皮膚感覚から愛情を感じます。

背中をさすってあげたり、抱っこしてあげたりして触れ合いましょう。

 

間違ってもいい環境

DVのある家庭で間違いは厳禁です。

間違っていなくても怒られるのに、

もし間違ったら大変なことになるからです。

しかし、間違いは大人にもあるものです。

間違いから学ぶことはとても多いのです。

間違いに対する新しい健全な考え方を取り入れていきましょう。

 

DVは子供のせいではないと伝える

子供は、DVを自分のせいではないかと思っています。

お母さんを守らなくてはならないと感じているかもしれません。

子供には責任がないこと、親を守る必要はないことを伝えていきましょう。


彼に振られるのが恐い。
つくさないと嫌われる。
殴られても耐えるしかない。

でも本当は、尽くしている自分が嫌い。

恋愛に臆病になっていて、誰にも相談できず、悩んでいるなら、
あなたの役に立てるかもしれません。

デートDVや恋愛恐怖症を克服するには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL