感情処理の仕方

これ以上傷つかないための方法

・相手も自分も大切にする方法

傷つくことを相手がしてくる場合、

「私はそうは思いませんが、どうしてそう思うのですか」と、

相手の言葉をそのまま自分の中に入れないようにする予防策です。

 

・離れる

自分を守るために、その場を離れる、距離をとるという方法もあります。

 

溜まった傷つきを外に出す方法

・語る

信頼できる第三者に、溜め込んでしまった感情について話をする方法です。

身近な人に話してもいいのですが、

溜まった怒りは何度も繰り返し語らないと減っていきません。

繰り返し同じ話を聞くことは訓練を受けた人でないと難しく、

訓練を受けていない人に話した場合、

「もうイイカゲン忘れたら?」「まだこだわってるの?」といわれ、

それ以上離せなくなってしまうことがあります。

カウンセラー等の、話を聞くプロに聞いてもらうといいでしょう。

 

紙に書き出してみる方法もあります。

いずれの方法でも一度にやろうとは思わず、

時間を区切って行ってみてください。

 

・泣く

涙は感情を外に出す潤滑油です。

泣きたいときは大いに泣き、感情を外に出しましょう。

ただし涙がずっと止まらない場合は、うつ病であることもあります。

その場合は適切なケアを受けましょう。

また、思いっきり笑うことも、ふたをあける作用がありまうs。

 

・夢

寝ている間は感情にふたをする力が弱まります。

閉じ込めていた感情が夢の中に出てくることもあります。

夢の中で何が起きたか、誰が出てきたかではなく、

自分が主にどんな感情を抱いていたかを考えてみてください。

一番初めに思い浮かんだ感情が、溜め込んでいたものです。


彼に振られるのが恐い。
つくさないと嫌われる。
殴られても耐えるしかない。

でも本当は、尽くしている自分が嫌い。

恋愛に臆病になっていて、誰にも相談できず、悩んでいるなら、
あなたの役に立てるかもしれません。

デートDVや恋愛恐怖症を克服するには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL