DVサイクルからの脱出

①気付き

このサイクルからの脱出は、どこかで「このままではよくない」と気がつくことから始まります。

子供に影響が出たり、もう耐えられないと思ったり、

どこでどう気付くかは人によります。

気付いた事実に直面する勇気をもつ瞬間でもあるでしょう。

 

②情報集め

どうしたらいいのか、様々な情報を見当します。

・相談センターに行く

・身近な人に相談する

・本やインターネットで情報を集める

・カウンセリングを受ける

・DVについての講演会などに行く

など

 

③決断

いろいろな情報を得た上で、これから自分がどうするかを決めます。

この時期は精神的にもとても疲れたり混乱することもあります。

信頼できるカウンセラーや相談員、友達、家族などにサポートしてもらいましょう。

 

異常がDVのサイクルを断ち切る流れになります。

この新しい流れに行くまでには時間がかかることもあります。

気付きの後も、迷ったり戻ったりを何回も繰り返すこともあります。

サポートする人の中には、そうした行動に付き合いきれないと

感じてしまう人もいるでしょう。

 

しかし、本人の中で決心が固まることが一番大切なことです。


彼に振られるのが恐い。
つくさないと嫌われる。
殴られても耐えるしかない。

でも本当は、尽くしている自分が嫌い。

恋愛に臆病になっていて、誰にも相談できず、悩んでいるなら、
あなたの役に立てるかもしれません。

デートDVや恋愛恐怖症を克服するには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL