女性恐怖症とは

女性恐怖症とは、女性との交流を極端に恐れてしまい、

満足に会話を行うことができない状態のことを指します。

 

原因としては、「女性から積極的にアピールされ、身体的危機に晒されてしまった」や

「幼少期に母親から虐待を受けていた」など精神的なトラウマが引き金となっています。

また、男子校に入学し、同年代の女子と接点を持たないことも

女性恐怖症を発症してしまう原因となっています。

 

女性恐怖症を克服するには、多くの女性と接することが重要となってきますが、

それを実現させることは困難ですので、

カウンセリングで女性恐怖症の原因を明確にすることが必要です。

 

例えば、前述の「女性から積極的にアピールされ、逆レイプされた」

などの身体的危機に晒されていた場合は、

傷が深いため中々治療することは難しいです。

しかし、時間をかけてうまくカウンセリングすることで、克服することができます。

 

また、女性と話すことはできても、体を触られるということを嫌がる症状もあり、

女性恐怖症の症状は様々です。

 

この症状の中には、思春期特有の症状もあります。

それは、「女子とどうやって接していいのかわからない」という悩みです。

その悩みが生まれてしまうことによって、次第と女子を避けていくようになり、

結果的には恐怖症に陥ってしまうというケースがあります。

そのため、最初はうまく接しようとせず、自らをアピールしながら近づけば、

恐怖症にはなりにくくなり、治療も簡単なもので済みます。


彼に振られるのが恐い。
つくさないと嫌われる。
殴られても耐えるしかない。

でも本当は、尽くしている自分が嫌い。

恋愛に臆病になっていて、誰にも相談できず、悩んでいるなら、
あなたの役に立てるかもしれません。

デートDVや恋愛恐怖症を克服するには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL