PTSDから発症した男性恐怖症の治し方

男性恐怖症はPTSDの一種でもありますが、

簡単に言うと男性に暴力などを振るわれたりといったことが

トラウマになってPTSDになってしまうケースが多いです。

そのため、男性に恐怖心を持ってしまったりと

男性恐怖症になりやすくなってしまいますが、

日常生活においてフラッシュバックしてしまうのも

頻繁に起きやすい傾向もあります。

 

まず、男性恐怖症であってもその度合いで変わってくるところもあるのでが、

精神的な病気は複雑なので一度、病院に行って相談してみるとはっきりしやすいです。

心に傷を負っている可能性もあるため、時間をかけてゆっくりと

その傷を癒していくのが重要です。

 

考え方を変えてみるのも効果的なのですが、

前向きに捉えたりと少しずつ切り替えていくと改善するのにはぴったりです。

カウンセリングを受けたりと適切な治療を受け続けていくと

男性恐怖症とも向き合えたりするのですが、

それ以外にも常に悩みを話せる相手を作ると心の負担も減ってきます。

 

個人差もあるため、どの程度で男性恐怖症が良くなってくるのかは人それぞれでもありますが、

深刻な状態の時には薬物療法もあったりと色々な治療法も用意されていたりします。

即効性はないものの、信頼できると感じられる専門医に出会えると症状にも対処しやすくなります。

心療内科に通院してみて合わなかった場合は、

担当医を違う人にしてもらうなど対応してもらえます。

きちんと治療をすると治るケースもたくさんあります。


彼に振られるのが恐い。
つくさないと嫌われる。
殴られても耐えるしかない。

でも本当は、尽くしている自分が嫌い。

恋愛に臆病になっていて、誰にも相談できず、悩んでいるなら、
あなたの役に立てるかもしれません。

デートDVや恋愛恐怖症を克服するには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL