虐待やDVには注意するべき

家庭を持っている人や同棲をしている人は、

毎日のように生活を共にすることになりますが、

必ずしもその生活が成功するとは限らないです。

 

共に生活していく中で、家族や同居人から

虐待やDVを受ける人もいまして、

生活に支障を来たしている人が現在多くいます。

 

これらは、虐待やDVの加害者のストレスや

精神疾患などが原因とされていまして、

加害者自体は自己満足で行われていることであるため、

必ずしも自然と解消されるというわけではないです。

場合によっては、さらにエスカレートしてしまう危険性があるため、

早めのうちに対処しておく必要があります。

 

そのためには、虐待やDVを早めのうちに気づくようにすることにより、

専門家などに相談をすることによって問題を解決することが出来ます。

虐待やDVはエスカレートしてしまいますと、

被害者の生命の危険性も高まってしまいますので、

被害者の周囲の人も出来るだけ早めのうちに気づいてあげるようにするべきです。

 

被害者が加害者を恐れず早めのうちに行動することによって、

早めに解決することが出来るようになるため、

被害者の行動が重要になります。

 

誰もが可能性としてあるため、自分の身の危険を早めに

感知するためにも注意しておく必要があります。

これは、大人だけでなく子どもも被害を受けることがありますが、

どちらも本人だけでは抵抗しづらいため、

周囲の人に助けを求めるようにすることによって、

被害を最小限にすることが出来ます。


彼に振られるのが恐い。
つくさないと嫌われる。
殴られても耐えるしかない。

でも本当は、尽くしている自分が嫌い。

恋愛に臆病になっていて、誰にも相談できず、悩んでいるなら、
あなたの役に立てるかもしれません。

デートDVや恋愛恐怖症を克服するには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL